タイムレコーダーで勤怠管理がスムーズに

勤怠管理はなぜ必要?

勤怠管理はタイムレコーダーを利用して入退社時刻の記録を行い、管理者が記録をチェックして日々の勤怠を把握しておくと言う大切な管理業務です。
会社に勤めている人であれば必ず入退社時にタイムレコーダーを使って打刻と言う作業をするわけですが、遅刻や早退、残業と言う3つの記録を利用して従業員の給料に反映させる必要があります。
特に、残業時間は極力ゼロに近づけるのが理想ですが、止む無く残業をしている場合には残業手当として支給する事が使用人の義務になっているため、タイムレコーダーでの管理が必要になります。
タイムレコーダーは時間を記録するための装置、タイムカードはタイムレコーダーに挿入した時に記録を行う用紙になりますが、最近はタイムカードを使わない勤怠管理システムも登場しています。

タイムカードの記録はコンピュータに保存

タイムレコーダーのタイムカードを挿入すると、その時刻をカードに記録してくれますよね。
この時刻は集計を行う必要がある、集計を行う時にミスが生じてしまうケースもあると言うデメリットがあります。
特に従業員が多い企業などの場合、社員数分のタイムカードの集計やチェックを行う工数は膨大なものとなってしまいます。
そこで登場したのが勤怠管理システムです。
勤怠管理システムはタイムカードの代わりにコンピューターに直接時間を記録出来るので集計作業も自動化が可能になりますし、入力ミスや計算ミスが起こらなくなります。
更に、勤怠管理の集計作業を行うのは、別の仕事を持つ社員になるため、勤怠管理をシステム化する事で自分の仕事に集中出来ると言うメリットに繋がって行きます。