タイムレコーダーをクラウド管理!勤怠管理のこれから

社員証を利用する事も可能です

勤怠管理システムは従来型のタイムレコーダーやタイムカードを使うのではなく、カード読み取りが可能なハードウェアなどを使って運用すると言った特徴があります。
カードと言うのはICカードなどで、既存の社員証などを使ってシステム化を図れます。
タイムレコーダーにタイムカードを入れると言う勤怠管理は、タイムカードのチェックや集計と言った工数が掛かってしまいます。
しかし、ICカードを使った場合は、打刻情報や社員情報はコンピューターで管理が出来るので、1日の労働時間の把握や遅刻早退の有無、そして残業時間の集計などを自動化出来ます。
勤怠管理の工数を削減出来れば、従業員の勤怠管理に掛かる工数がゼロになる、自分の仕事に集中出来ると言うメリットに繋がるのです。

集計作業を行う人の仕事とは

タイムカードに記録された時間を集計する、遅刻や早退の有無をチェックする、1日の労働時間を確認すると言った作業を勤怠管理の中での時間管理になります。
従業員が10名の会社と1000名の会社を比較した時、これらの工数の負荷は1000名の会社の方が大きくなりますよね。
勤怠管理の集計などを行う従業員は、集計作業だけを行うわけではなく、自分の仕事の合間に行うため、工数が多くなるほど自分の仕事にも影響を及ぼしてしまいます。
勤怠管理システムは、こうした工数を削減出来るメリット、集計をする場合には正確に計算をしなければなりませんが、勤怠管理システムの場合は自動集計が実現出来るため、計算ミスや再確認が要らなくなります。