タイムレコーダーを使った勤怠管理の方向性

出社時刻と退社時刻を管理する

勤怠管理はタイムレコーダーを使って、従業員の出社時刻と退社時刻をチェックする事と退社時刻が定時を超えている場合には集計を行い、1か月分の残業手当を支給すると言った大切な管理業務になります。
タイムレコーダーは社員がタイムカードを挿入する方法で運用を行うケースとICカードを利用して出社もしくは退社した事の証明をコンピュータに記録を行って管理を行うケースがあります。
ICカード以外にも指紋認証などの生体認証を利用するタイムレコーダーも登場しており、自国の記録の仕方は様々です。
最近はスマートフォンなどを利用しての勤怠管理システムも登場しており、営業職の様に直行直帰となる社員などの場合は、外出先からタイムレコーダーで時刻管理を行えるシステムもあります。

タイムレコーダーの記録を基に残業時間を把握

タイムレコーダーは出社時刻と退社時刻の2つを記録すると言う役割がありますが、2つの記録の中でも退社時刻と言うのは定時に帰社したのか、それとも残業をして帰社したのかと言った把握を行う必要があります。
残業時間の労働は残業手当として支給する事が労働基準法の法律の中で定められているのが特徴です。
更に、残業時間は午後10時を過ぎた場合、深夜残業の取り扱いとなり、通常残業時間帯よりも時間単価が割増しになるため、記録を集計する時には通常の残業時間帯と深夜残業の時間帯を区別し、個別に集計を行う事が必要になります。
勤怠管理システムを導入している場合、集計作業が自動化されるため、勤怠管理を正確に行う事が出来ると言うメリットを持っています。